化粧崩れの防止はスキンケアにあり

暑い季節になってくるとどうしても汗をかいてしまい、化粧崩れしやすくなります。
私も以前はTゾーンが油浮きして、よく化粧崩れを起こしていました。
お昼の休憩時間に化粧直しをする時に鏡を覗いてびっくりすることもよくありましたね。

その頃は夏のスキンケアで保湿が足りてなかったんです。
化粧水はさっぱりタイプのものをつかい、乳液は化粧崩れの元だからと付けてなかったんです。
シルキーカバーが有名ですが、下地には皮脂を抑える作用のある物を使っていて、肌が常に乾燥状態になっていて、メイクが崩れやすくなっていたんです。

それに気付いてからは、スキンケアに力を入れるようにしています。
化粧水はこれでもかというほどにたっぷりと肌に浸透させ、手のひらが吸い付くくらいまで重ね付けしています。
乳液は油分の少ないものを薄めに伸ばして、乾燥する部分にはやや多めに付けています。

スキンケアの後しばらく時間をおいてから、メイクを開始します。
シルキーカバーにはスキンケア機能もあり、下地は紫外線対策も兼ねているから均一になるようにしっかりと伸ばすようにして、逆にファンデは薄めに付けるようにしています。

スキンケアがしっかりしていて保湿されていると、化粧崩れはそれ程ひどくはならないです。
後はまめに汗を拭くようにして、軽く皮脂を抑えれば大丈夫です。

肌のくすみに効果的だったピーリング

年齢と共に何となく肌がくすんで来たなと感じていたのですが、肌のくすみはメイクも綺麗に映えない事や、老けて見られてしまう事もあったので、何とか肌のくすみ対策は出来ないかと試行錯誤していました。

最初は洗顔料を二十年ほいっぷに変えてみたりもしたのですが、中々くすみ自体は消えてくれなかったことで、今度はダメで元々と思いピーリングを始めてみました。

すると予想に反してピーリングは肌のくすみに効果テキメンで、何と1回行っただけでも肌がワントーン明るくなったのが分かりました。

使用法はいたって簡単で、洗顔の後に水分をしっかりふき取ってからピーリング剤を肌に乗せて、そのまましばらく軽くマッサージをするだけで面白いほど不要になった角質が消しゴムのカスの様に出てくるのです。

その後しっかり洗い流すだけで完了なのですが、週に1度程度行えば角質が溜まって肌がくすむ事が無くなったので、今ではかなり以前よりも肌の透明感がアップして来ました。

家庭用のピーリングはマイルドタイプなのですが、比較的リーズナブルな値段なのでかなりお勧めです。二十年ほいっぷも良いけど、ピーリングも良いですね。

毛穴カバーの必須アイテム

思春期にニキビがたくさんできてしまっていた私は、大人になった今でも毛穴の開きが本当にひどいんです。
しかも脂性肌なので、夏場は本当にお化粧がくずれにくずれ、ちょっと気を抜いて夕方に鏡をみると、ひどいありさま。あぶらとり紙で慌ててとって、パウダーで応急処置をしようにも、どうにもならない状況…。
そんな中、この状況を打開したい!と、インターネットの口コミや、雑誌、売場での評判ポップなんかを色々と見定め、なんとかカバーできるようになりました。
私のベストカバーアイテムは、シルキーカバーオイルブロックといった皮脂どめ化粧下地→毛穴カバー下地→コンシーラー→パウダーファンデーションを資生堂のブラシでぽんぽんとつける→パウダーで仕上げ、が最強です。
中でも、資生堂の化粧ブラシは本当に優秀で、お化粧が格別得意でもない私でも、適当にファンデーションをお肌にのせるだけで、きめ細やかな肌にみせることができるんです。
これはびっくりしました。インターネットの口コミでもとっても評判がよく、気になってお店にいってみたら、美容部員さんが丁寧にレクチャーしてくれました。パウダーファンデーションだけでなく、リキッドファンデーションでもいいかんじに仕上がるみたいなので、今度試してみようと思います!